プラセンタの特徴

ドクタープロラボジャパンの豚プラセンタ

豚プラセンタの可能性は、「育ちの違い」と「加工方法」が品質と価格に反映されます。
一部の養豚場では飼料に抗生物質などを混ぜて投与することもあり、それは胎盤を含めた肉の品質大きくにかかわってきます。私たちは、よりよい品質の豚を生産しようという考え方のもとで契約農場の管理などのチェックも厳しく行っております。清潔な環境で育った豚は特有のにおいが少なく、胎盤の加工時にも衛生管理がしやすい、高品質のプラセンタ原料となるのです。

豚プラセンタ原液は、高温の殺菌によって安全性を高めていますが、その過程においてプラセンタの成分までが破壊されてしまいます。有害な菌が発生しないように管理された豚から採取したプラセンタは、通常の豚と比べると殺菌処理がかなり少なく済み、通常の処理を行ったプラセンタと比べると、数倍のパワーがあるといわれています。

豚プラセンタの安全性

  1. 安全管理の元で健康に飼育された国産豚のプラセンタを使用、当社製品は契約農場の信頼度の高い国産豚のプラセンタを使用しています。
  2. 原料のプラセンタは各種検査済みのものを使用、放射性物・残留農薬・ヒ素・重金属・一般細菌数・大腸菌群・遺伝子組換・アレルギー物質・BSEの検査済み。
  3. 副作用をもたらすホルモンを含有しておりません、原料段階でのスクリーニング、製造工程での不活化、最終製品の試験に対応しています。

ドクタープロラボジャパンの豚プラセンタの特徴

豚プラセンタ ビタミンなどの栄養素を多く含む 年に2回 約20頭の出産 契約農場でトレーサビリティ管理 必須アミノ酸を含む 純度100%昔から夏バテには、豚肉を食べると良いといわれていますよね。
それは、他の動物の肉よりもビタミンB群が多く含まれているから。
「豚のプラセンタ」にもビタミンなどの栄養が多く含まれています。

馬プラセンタの製造の流れ

馬プラセンタの製造の流れ
馬プラセンタの製造の流れ

豚プラセンタの原料主成分

アミノ酸(たんぱく質)計18種 必須アミノ酸計9種 ミネラル計9種 ビタミン計4種 ミネラル計7種
アミノ酸(たんぱく質)計18種 必須アミノ酸計9種 ミネラル計9種 ビタミン計4種 ミネラル計7種