プラセンタの特徴

プラセンタの性質と特性

プラセンタの作用

プラセンタは肌や体を細胞レベルから若返らせてくれるといわれています。

年齢とともに衰えていく新陳代謝を正常化する。これがプラセンタの効果の一番の特徴ですが、 他にも血行を促進したり、身体のサビつきを防いだり、免疫力を高めたりといろんな作用があることが報告されています。

 

これぞ、胎盤の力

最近では、気軽に手に入るようになったプラセンタ健康美容食品。

プラセンタは、肝炎や肝硬変、更年期障害などの疾患では健康保険も適用される治療法です。このようにプラセンタの薬理作用は医学的に認められているほど実力があるものです。

健康増進や美肌に効果があるとされるさまざまな成分の中で、プラセンタが特異的なのは「細胞増殖因 子(グロスファクター)」が含まれていること。 これは、同じく肌に良いとされる代表的な美容成分のコ ラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンCなどには含まれていません。細胞増殖因子は身体にのみ存在し、組織修復のために働くものです。

 

再生力がすごい!!

例えば擦り傷や切り傷などケガをした時には、血液や体液とともに傷口に集まって、新しい皮膚を作るために働きます。また、細胞増殖因子は、ケガだけでなく日焼けやひどい肌荒れの時にも働いて、皮膚の生まれ変わりを助けます。肌荒れに効果があるのは、プラセンタ独特の保湿効果によるもの。さらに、プラセンタの保湿成分はアミノ酸や脂肪酸、ムコ多糖など、肌への親和性が優れている成分で構成されてい ます。 バリア機能を発揮しながら、肌の再生をサポートすると考えられています。

 

プラセンタの成分と作用について [OEM供給承ります]