プラセンタの特徴

成長因子ってなぁに?

成長因子について

プラセンタに含まれる成長因子とは、特定の細胞の増殖や分化を促す、体内にあるタンパク質の総称で 「増殖因子」「細胞増殖因子」などとも呼ばれています。人間の身体は「ヒト成長ホルモン」というホルモン によって、各器官の健康を維持します。

しかしこのホルモンは、20代後半から減少するため、その頃から身体の各部分で老化現象が起こります。 成長因子は食べ物からは摂取できない貴重なものです。

 

プラセンタには、成長因子が含まれています

プラセンタは、高い栄養分があり、強い再生力を持っています。

胎盤には生理作用の強い各種の細胞増殖因子が存在することがわかっており、胎児の臓器をつくる働きがあります。自然界の中で、この細胞増殖因子を補える成分はプラセンタにしか含まれていません。細胞 増殖因子とは、「新しい細胞をつくれ!」という情報をおくる司令塔です。各細胞は、指令が出ないと細胞分裂を行う事が出来ずに数が減少し、老化の原因になります。プラセンタを補うことで、旺盛な細胞の再生活動を応援することができます。

 

プラセンタが健康や美容に良いとされるのは、この成長因子が含まれているからです。

 

プラセンタの成分と作用について [OEM供給承ります]