プラセンタの特徴

プラセンタ注射 について

効果の高いプラセンタ注射

プラセンタ注射とは、人の胎盤から抽出されるもので、美肌やアンチエイジングなどに効果的といわれていますが、クリニックに通わなければならず、コスト面でも割高になってしまいます。

プラセンタ注射薬は、厚生労働省に認められている医薬品で、日本ではメルスモンとラエンネックという2種類の製剤が承認を受けています。

 

プラセンタ注射は、費用とリスクの理解が必要

プラセンタ注射は、医療機関でのみ受けられる注射で、原料は国内のヒト胎盤エキスです。

平成18年8月24日に厚生労働省により発表された「ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤使用者の献血制限 について」の通達により、日本赤十字社側は「ヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤の注射薬を過去に使用したことのある方の献血をご遠慮いただいております。」と発表しています。

 

それは、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病、牛における狂牛病と同様、脳がスポンジ状になってしまうことで、意識障害や運動失調、痴呆になり、死に至る病。この病気は輸血や臓器移植ともに、ヒトの胎盤成分からも伝染する可能性があると、理論上考えられているためです。

 

これにより、プラセンタサプリメントに注目が集まりました。

また、注射が苦手な人や忙しいため定期的にクリニックに通えない人にプラセンタサプリメントは、使用されています。またプラセンタは継続摂取することが最大の効果を得る重要なポイントとなります。 費用面やリスクなどを考えると安定して安全に使用できるプラセンタを選びたいですね。

 

プラセンタの成分と作用について [OEM供給承ります]