プラセンタの特徴

更年期障害にはプラセンタ

更年期の原因

• 卵巣機能の低下加齢によって卵巣機能が低下することによって、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の減少。

• 自律神経の乱れ女性ホルモンの分泌を指令する脳の視床下部が卵巣機能の低下によって混乱します。

視床下部は自律神経の調整作用も担っているため、自律神経にも影響が現れます。

 

更年期とプラセンタ

プラセンタには、更年期障害の女性ホルモン(エストロゲン)の減少を抑える効果・生産を促す作用があります。

更年期(およそ45歳~55歳)には女性ホルモンを分泌する力が弱っておりプラセンタを摂取することで更年期障害の症状がかなり改善します。

 

プラセンタの成分と作用について [OEM供給承ります]