プラセンタの特徴

コラーゲンよりプラセンタ?

美容成分のコラーゲン

美容成分の代表格といえばコラーゲンです。お肌のハリや潤いなどに効果を期待して多くの方が飲まれて います。サプリや美容ドリンクは言うまでもなく、コンビニでちょっとした飲み物を買うときですら、「コ ラーゲン入り」なんて書いてあると、ついつい選んだりしますよね?!

美肌に効果があるとして、すっかり有名になったコラーゲンですが、そもそもどうしてお肌に良いとされて いるのでしょうか?

私たちのお肌は、大きく分けると、表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっています。

このうち、私たち女性にとってもっとも気になるお肌のハリや弾力、潤いなどを保つ機能を持つのが真皮 です。そして、この真皮の約70%を占めるのがコラーゲンです。コラーゲンはたんぱく質の一種で、弾力性 のある繊維状の構造をしています。このコラーゲンが真皮の中で網目状にはりめぐらされているから、肌 は伸び縮みするし、弾力を保って押しても元に戻るのです。しかし、残念なことに、お肌のハリや弾力を 保ってくれるコラーゲンは年齢とともに減っていきます。

「そこで!」お肌のハリや弾力を保つために、コラーゲンを摂りましょう!というのが、コラーゲンに美肌効 果があるとされる『理論』です。しかし、実際のところはそんなに単純ではないようです・・・。

 

実はコラーゲンだけでは、美肌を維持することはできません

皮膚の本体ともいえる真皮層は、コラーゲンとコラーゲンをつなぐ役目をするエラスチンが網目状に結び ついて、その間に水分をたっぷり含んだヒアルロン酸が埋め尽くしているという構造になっています。健康 でハリや弾力、潤いのある肌というのは、真皮内のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3つがバランス のよい状態で保たれています。そしてこれらの成分は真皮内の繊維芽細胞で作られています。単純にコ ラーゲンを飲んで補うだけでなく、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞を活性化 して、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出してバランスのよい状態に保つことが大切なのです。

プラセンタの効能として繊維芽細胞を元気にし、3種の成分の生成をサポートする力があります。

 

プラセンタの成分と作用について [OEM供給承ります]