プラセンタの特徴

プラセンタとは

プラセンタとは、英語で『胎盤』

お母さんのおなかの中で赤ちゃんを育てる胎盤は、たった一つの細胞である受精卵をわずか10か月の間 に各臓器へと分化・成長させ、3キログラムの赤ちゃんまで育て上げることができます。

この驚異的な働きを持つプラセンタは、もとは厚生省が認可した肝機能障害や更年期障害を治療するた めの医薬品で、日本で長く使用されています。

 

胎盤の有用成分の働き

胎盤から抽出された有効成分は全身の細胞へ作用し、美肌効果はもちろんのこと、免疫力の向上、新陳代 謝の促進、自律神経やホルモンバランスの調整、疲労回復など様々な薬理作用をもっており、万能のエイ ジングケア薬としても注目されています。

 

動物のお産と胎盤

人間を除く全てのほ乳動物は出産すると本能的に自分の胎盤を食べます。胎盤には自然治癒力を回復さ せる優れた効果があると報告されており、出産により低下した体力を速やかに回復させ、ホルモン分泌促 進成分を摂ることで乳腺を刺激して乳汁分泌をさせるという本能です。

 

このような自然界の事実から、胎盤には不思議な力が宿ると考えられています。

 

プラセンタの成分と作用について [OEM供給承ります]